定期的な治療

審美治療の後はメンテナンスが重要!

審美歯科で歯のホワイトニングやセラミックなどの補綴をして見た目をキレイにする治療をする方が増えてきていますが、治療後のメンテナンスをきちんとしないとかえって口腔内の状況は悪くなりかねません。 そこで注意したいのが、日々の歯磨きなどのセルフケアを丁寧に行うということです。例えば簡単に言えば審美歯科で行うホワイトニングは歯の表面を酸性の液で少し溶かして白い部分を出す治療です。治療後に歯の掃除を怠っていては、虫歯になりやすい状況なのです。また、セラミックなどの補綴物は歯茎との隙間に磨き残しがあるとそこから虫歯になりやすいので意識して磨くことが重要です。 審美歯科での治療はこれらのリスクを理解して正しいブラッシングなどのセルフケアを行うことで、より美しい口元を長く維持することができるのです。 セルフケアについては審美歯科でも指導を行っているところもありますので、そういったところを医院選びの基準にするのも良いです。

審美歯科で自分に自信を持つ

審美歯科というのは、とても今注目されています。 やはり、歯というのは見た目を大きく左右するものでもあり、笑った時に歯並びが良いということになりますと、さらに笑顔のレベルもアップします。 審美歯科では、矯正、またホワイトニング、さらにインプラントなどの保険適用外の施術を行うことができます。 保険が効かない審美歯科では、費用も各クリニックで異なるため、きちんと見積もりを取ったり、カウンセリングをしてもらい、納得のいったところで治療を受ける事をおすすめします。 確かに保険も適用になりませんし、高額な治療費となることもありますが、それだけのメリットはあるということで、多くの方が審美歯科での治療を受けているのです。

歯を埋め込む方法。

インプラントとは人口の歯を埋め込むという方法です。健康保険が使えないので費用がかかってきます。そしてアフターケアも必要となってくるので、しっかりと相談をしてから行なうことが大切です。

Read More...